住宅性能

住宅性能

高性能省エネルギー住宅のトップランナー 未来基準の住宅性能を叶える技術

  1. 01 【断熱・気密】高性能な住宅は健康につながる

    独自開発した外断熱+内断熱のハイブリッド断熱「Bespoke Eko(ビスポーク・エコ)工法」で、Q値(熱損失係数)0.7W/㎡K、C値(気密性能)0.3㎠/㎡以下というハイレベルの断熱性能を実現。

    熱損失が多い開口部は、トリプルガラス樹脂サッシを採用するなど、無暖房レベルの断熱性能を発揮する仕様です。 。

    ほんのわずかな冷暖房でも、家中を均一に快適な室温を維持できるため、室温の温度差で生じるカビやアレルギー・建物劣化が起きず、ヒートショックなど人体への負担が無い、家族がずっと健康に暮らせる家。

    家族の健康を守れない住宅は、どんなにコストをかけても欠陥住宅。断熱性能には並々ならぬこだわりを持ています。

  2. 02 【窓】窓の性能で冷暖房費が変わる

    冷気・暖気が最も逃げやすいのが窓などの開口部。住宅性能を高めるために、Low-Eアルゴンガス入りの複層ガラス+高性能樹脂サッシを標準採用して、より効率的な冷暖房を可能にしました。(一部、窓の断熱性能Uf値を高めた「UFサッシ」を使用)

    Low-Eは遮音性にも優れ、市街地であっても騒音レベルを大幅に下げて、安眠できる環境を得られることも特長。

    さらに高性能を目指す場合は、Low-Eガラスを2層使った「トリプルガラス樹脂サッシ」をおすすめしています。

  3. 03 【玄関ドア】玄関の結露はストレスのもと

    窓と同様に、断熱・気密性能が求められる玄関ドアには、高性能木製断熱ドアを採用。

    木は熱を伝えにくい素材のため、夏の暑さや冬の冷気を遮断し、室内の熱を逃がしません。また、小さなキズが付いてもアルミよりもメンテナンスしやすいので、何十年も使用できてエコロジー。

    玄関は人が出入りする住まいの顔。使い続けるほど木の味わいが増す木製玄関ドアは、経年変化も楽しむことができます。

  4. 04 【換気】無計画な換気は、空気が淀む原因

    室内の空気を確実に入れ換えるためには、高い気密性能を確保することが大前提。

    気密性能が低いスキマだらけの家は、排気口近くにある空気が最優先で排気され、遠くにある空気が排気されず、室内の空気が淀む原因になります

    鈴木環境建設は、高い気密性能を備えた家に、外気温の影響を受けない「第一種熱交換換気システム」と、自然のチカラを利用した「パッシブ換気」の2種類を用意。

    エネルギーが少なく、キレイな空気を室内に取り込み、適切な換気量を得られる換気システムです。 第一種熱交換型換気システムの詳細はコチラ パッシブ換気システムの詳細はコチラ

  5. 05 【空気清浄】室内の空気を新鮮に保つ

    高気密・高断熱住宅には、室内の空気を常に新鮮に保つ計画換気が欠かせません。

    そのため「空気質」に着目して、住宅換気用フィルタメーカーであるトルネックス社の「サーキュレーション空気清浄機」を採用しました。

    電子式集塵フィルタなので、ハウスダスト・花粉・PM2.5などの小さな粉塵まで吸着。目詰まりしにくい設計で、清浄された空気を室内に取り込むことができます。

  6. 06 【冷暖房】目先の工事費にとらわれるのは禁物

    断熱性能が低い家は、光熱費が高く、後から冷暖房機器を導入するなど、住んだ後にコスト増になる場合があります。

    一方、高断熱の家は、初期費用はかかっても光熱費が安いまま持続するので、結果的に冷暖房費は低コスト。冷暖房費用は生涯コストで考えることが大切です。

    効率的な冷暖房と理想的な換気システムで、暑い寒いでストレスを感じない住空間をつくります。

  7. 07 【採光・通風】夏の大敵は、直射日光

    陽射しが強い夏でも、日陰や木陰に入ると涼しいもの。夏場は直射日光を室内に入れないなど、採光の工夫は必須です。

    鈴木環境建設では、四季の日射角を考慮し、夏は日射を遮り、冬は効率良く太陽光を室内に取りこむよう窓や庇を設置して日射をコントロールしています。

    通風計画は、風向きを読んで窓や換気口を配置。その土地の気候や立地環境を踏まえた設計をすることで、冷暖房エネルギーの軽減を図っています。

  8. 07 【設備】創エネ&エネルギーの見える化

    お客様の要望に応じて、太陽光発電システムやHEMSなどを採用しています。

    高断熱・高気密施工と高効率暖房で省エネルギー住宅をつくり、太陽光発電で創エネルギーすることで、エネルギー収支ゼロを目指します。

    世界規模で取り組んでいるCO2削減には、家庭からの排出量を減らすことも有効です。太陽光発電は、これからの家づくりに必須のアイテムになる可能性があります。

どうぞお気軽にご相談・お問い合わせください。

鈴木環境建設 株式会社 
 〒986-0814 宮城県石巻市南中里2丁目5-15

TEL:0225-24-9361 / E-mail. info@suzuki-kankyo.co.jp