健康・環境・家計に優しく快適に

高性能がもたらすゆとりを実感

宮城県石巻市・Oさん宅
家族構成/夫婦60代

b

屋根には約6kWの太陽光発電パネルを搭載。省エネ+創エネで健康や環境、家計に優しい暮らしを叶えている

 「私は冷え性なので、以前の家では今の時期、靴下を2枚履きしていたのですが、この家では裸足で過ごせるんです」と語る奥さん。現在の家では、外は肌寒くても、暖房をつけずに十分暖かいといいます。その秘密は、鈴木環境建設が独自開発したハイブリッド断熱工法
 「Bespoke EkoⅢ(ビスポーク・エコ・スリー)工法」にあります。加えて樹脂サッシとLow-E・トリプルガラス、第1種換気システムなどの採用により、Oさん宅ではQ値1.0、C値0.2という優れた断熱・気密性を実現しました。
 こうした高性能な空間は、少ないエネルギーで快適な温熱環境を保つことができるため、ランニングコストを削減できる点が魅力。この家に設置されている冷暖房機器は、16畳用のダクト方式エアコン1台のみです。軒による陽射しのコントロール、窓や換気口の配置を工夫しての通風など、きめ細かなパッシブ設計も奏効し、夏場はほぼエアコンなしで過ごせたとのこと。太陽光発電も導入しているため、一年を通してみれば消費電力を抑えるとともに、売電によって家計はプラスという試算になります。
 「一番に求めたのは暖かさ。真冬を迎えてもこの点は心配なさそうです。それ以上に、この先、光熱費の負担を考えなくてもよいというのは、思わぬメリットでした」と奥さん。高性能な住まいがもたらす快適性と心のゆとりを実感しているご様子です。

■建築データ
構造規模/木造(在来軸組工法)・2階建て
延床面積/169.39㎡(約51坪)
<主な外部仕上げ> 屋根/ガルバリウム鋼板、外壁/塗壁、建具/玄関ドア:ガデリウス スウェドア、窓:エクセルシャノン
<主な内部仕上げ> 床/オーク無垢フロア、壁・天井/Vクロス
<断熱仕様 充填断熱+外張断熱+付加断熱> 基礎/XPS100㎜、壁/ウレタン50㎜+高性能グラスウール40kg105㎜+高性能グラスウール16kg50㎜、屋根/高性能グラスウール40kg120㎜二重+高性能グラスウール16kg105㎜
<暖房方式> エアコン

■工事期間
平成26年12月~平成27年4月(約4ヵ月)

02-3自然豊かな地に建つOさん宅。外壁の色は周辺環境に溶け込むグリーンを採用した
03玄関ドアは特注の高性能木製断熱引き戸を採用。取っ手を上下させることで気密性がアップする仕組みだ
04オークの無垢床が暖かみを醸すLDK。今後を考慮し、1階は段差をなくして引き戸を多用したバリアフリー仕様としている
05-2リビング南面の大窓からの陽射しが暖か。冬は断熱と高性能な窓が暖気を逃さず、太陽高度の高い夏場は軒による日射のカットで涼しく過ごせたそう
06料理が趣味という奥さんのためにゆったりとレイアウトされたキッチン。L字型で使い勝手も抜群
07主寝室に続く6畳の和室。元々持っていた家具が壁際にぴったりと収まるよう設計されている
08ご主人の希望で設けられたオーディオルーム。お気に入りのCDは壁一面に設けられた造作ラックに収納。防音設備も万全で気兼ねなく音楽鑑賞を楽しめる
09修理等がしやすいよう小屋裏収納に設置されたエアコン。ダクトを通して各部屋に冷暖房の風を行き渡らせている