高断熱・高気密と暮らしやすさが両立

エコなパッシブ換気で
四季を通じて快適な家

宮城県仙台市・Kさん宅
家族構成/夫婦30代、子ども2人

白を基調とするLDKは、ナラの無垢フローリングが映える

 子育ては一軒家でと家づくりを考え始めたKさんご夫妻。鈴木環境建設が得意とする高断熱・高気密の家に興味を持って相談に訪れたご夫妻は、「住宅性能の心配はありませんでした。最初の打ち合わせから設計士に入ってもらい、提案された間取りも魅力的でした」と依頼の決め手を振り返ります。
 明るい家に住みたいという希望を叶えた吹き抜けのLDKは大開口から光が降り注ぎ、開放感にあふれています。リビング階段下の畳コーナーは子どもの昼寝や勉強など、多目的に過ごせるように工夫。キッチンからユーティリティが一直線につながっているので家事動線もスムーズです。回遊式の間取りになっているので、リビングを通らず玄関から直接水まわりに行くこともでき、動線に無駄がありません。
 性能面では、独自の断熱工法と標準仕様のトリプルガラスなどでUA値0.21、C値0.28という高断熱・高気密を実現。夏はエアコン1台、冬は床下放熱器で家のどこにいても快適に過ごせます。また高性能な家で最大の効果を発揮できるパッシブ換気によって、1年を通じて均一した室内環境を保っています。パッシブ換気は室内・室外の温度差を利用し、自然な空気の流れで家中を換気する方法。機械に頼らないのでメンテナンスは基本的に不要で、ランニングコストもかかりません。
 性能も間取りも大満足な新居で、「子どもたちと自由に遊べることが一番うれしいです」と、Kさんは笑顔で語ってくれました。

■建築データ
構造規模/木造(在来工法)・2階建て
延床面積/150.09㎡(約45坪)(カーポート含む)
<主な外部仕上げ> 屋根/ガルバリウム鋼板、外壁/ガルバリウム鋼板、建具/玄関ドア:木製断熱ドア、窓:樹脂サッシ(Low-E・トリプルガラス)
<主な内部仕上げ>床/国産フローリング、壁・天井/ビニールクロス
<断熱仕様 充填断熱+付加断熱> 基礎/XPS-AT75㎜、壁/ウレタンボード50㎜+高性能グラスウール20㎏105㎜、屋根/吹込セルローズファイバー18㎏400㎜
<暖房方式> 床下放熱器
<断熱・気密性能> UA値:0.21W/㎡K C値:0.28㎠/㎡

■工事期間
約4ヵ月

リビング階段の下に小上りの畳コーナーを設け、床下に収納を造りつけた。マグネットボードはプリントやメモ類を貼るのに便利
吹き抜けの高窓から光を採り込むので2階も明るい。子どもが成長した時のことを考えて階段と廊下は有効幅900㎜を確保している
2階南側に設けた書斎に柔らかな光が射し込む。壁面には文庫本用の本棚を造りつけている
2階からリビングを見下ろす。ナラの無垢フローリングは木ならではの温もりを肌に感じ、素足で歩くのが心地よい
玄関に入ると右にウォークインシューズクローク、左にLDK。玄関ニッチは、後付けができないコンセントを多めに設置
外壁はブラックのガルバリウム鋼板でスタイリッシュな印象。玄関前のインナーガレージは天気の悪い日も濡れる心配なし
緩やかな勾配屋根の外観を望む。標準仕様のLow-E・トリプルガラス(樹脂サッシ)は断熱性・遮音性が高く、幹線道路が近くても騒音を感じない