• Home
  • >
  • ニュース

ニュース

2/10,11の内覧会無事に終了致しました。

2018.03.02イベント

2月10日(土)、11日(日)
石巻市開北 S様邸内覧会
『ご来場下さった方のお客様の声とスタッフのコメントの一部です』

“お客様の声”
・新聞の掲載を見て、前々から興味があった、自然エネルギーを利用して機械の設備をあまり頼らずに給気、排気をして快適な室内環境をつくる「パッシブシステム」の家。
外の温度が低くても家の中全体の温度と湿度が24時間ほぼ一定しているデーターも拝見して、本当に体にも家計にもやさしい家にビックリ。  
・パッシブ換気システムの家のデーターを拝見。外の環境に左右されることなく、家全体の室温がほぼ一定なのが魅力。
(スタッフ)
・弊社はお客様のご好意により、家内外に測定機器を設置させて頂き、外の気温・湿度、室内の温度・湿度を測定しています。

“お客様の声”
・施工中から開かない大きな窓を見ていて、どんな家なのか興味があった。24時間換気で常に室内がクリーンなのと窓際が寒くないので、大きな窓でも良いのだと思った。
(スタッフ)
・窓からの熱損失は大きいです。構造体はもちろんのこと、窓はトリプルサッシを施している高性能住宅ですので、大きな窓でも大丈夫です。

“お客様の声”
・エアコンの様なもやもやした暖かさとは違って、玄関入って、家全体の柔らかな暖かさを感じた。
(スタッフ)
・陽の当らない時の南側、北側とどこにいっても気温はほぼ一定になっており、気流を感じない暖かさが居心地の良さです。

“お客様の声”
・ふんだんに使われている自然な木がむき出しで木のぬくもりを感じて、木の香りが心地よく落ち着ける家だった。
(スタッフ)
・金物工法を施していますので、木がむき出し状態でもスッキリしています。

“お客様の声”
・北側のウォークインクローゼットは、広くて暖かいので、部屋を服で散らかすことがなく着替えができて良いかも!あったらいいな!
・もう一つ部屋ができそうなくらいの広いウォークインクローゼット。贅沢!部屋に物を置くのは減っていいかもしれないけど、ただ、子供部屋にもクローゼットが欲しいかも・・。
(スタッフ)
・広いウォークインクローゼットは皆様絶賛でしたが、部屋の間取りはご家族の用途、好みが様々です。100%自由設計です。

“お客様の声”
・造作品の下駄箱が家の雰囲気とぴったり。玄関入っての壁の羽目板が取外し可能とのこと。色合いも素敵。
(スタッフ)
・万一、キズを付けてしまった時や気分を替えたい時にもご自身でお取り換えができます。

“お客様の声”
・玄関を入った瞬間「あったかーい。」外に出た瞬間「さむーい。」寒い時は、暖房をして暖かいのは当たり前だが、光熱費がバカにならない。光熱費を抑えつつ、暖かい家に住みたい。
(スタッフ)
・省エネの家づくりをお手伝いさせていただきます。

先般、2日間にわたり、内覧会に大勢の皆様にお越し頂きまして大変ありがとうございました。大盛況のうちに無事終了することができました。初日は天候にも恵まれましたが、二日目は雨が降り、やんだと思ったら突風。今度は風に雪が加わり、吹雪。そんな悪天候にもかかわらず、足をお運び頂き、心より御礼申し上げます。
「パッシブシステム換気」とは?内覧会開催の写真の煙突は何?
そんな疑問を持たれた方々に興味を持って来て頂きました。
現代はネット社会!ご自身でいろいろ調べることができます。きっと勉強をされて来た方々が多かったことでしょう。でも、実際に見て、聞いて、体感される良い機会だったことと思います。ご来場された方の家づくりに、ひとつでもお役に立てれば幸いです。
今のこの寒い時期。一番の関心が集まるところが「家の暖かさ」です。家中、どこにいっても暖かい・・・。しかし、そこには電気代、ガス代、灯油代といった、エネルギーが必要になります。そこで、どうしたらコストを抑えられるかかが大きな課題です。
パッシブ換気システムとは、暖かい空気が上に昇る性質(温度差)を利用した、自然の空気の流れだけで機械に頼らない換気方法です。
室内全体を自然の力でむらなく換気します。自然環境を活かした自然動力を利用するのでランニングコストがかかりません。
なぜ、室内が暖かいのですか?
パッシブ換気システムに床下暖房を組み合わせています。
給気口から取り入れた空気を、床下に設置した放熱器で温め(床暖と違います)ます。暖めた暖かい空気をガラリを通して室内に送ります。嫌な気流もなく、快適な室内環境です。排気は自然に煙突から除かれます。
夏はエアコン1台で全館冷房。
パッシブ換気システムの家は、高断熱・高気密の家でなければ実践することができません。高性能の家だからローコストで全館暖房、全館冷房が可能です。
全体を通して、男性の方は家の性能やシステムに興味を持たれ、女性の方は性能=コストと家計を気にしつつ、間取りや収納と生活をしていく上での動線を参考にしておられた声が多かったように感じました。

  ご来場、誠にありがとうございました。

                             スタッフ一同