• Home
  • >
  • 鈴木環境建設の家づくり

鈴木環境建設の家づくり

鈴木環境建設がつくる住まいは、快適であることはもちろん、
定年後に年金だけで暮らせるような光熱費の少ない家。
そのために特に重視しているのが、7つのポイント。
住んでから後悔しないためには、新築時にしっかり考え、しっかりつくることがとても重要なのです。

鈴木環境建設の家づくり

1断熱・気密

断熱・気密
無暖房住宅レベルの断熱仕様
高性能な住宅は健康に繋がる

 住宅の断熱・気密性能が低いと結露が起こり、カビやアレルギー・建物劣化の原因に。さらに冬場は家の中に暖かい場所と寒い場所ができるので、その行き来の際、身体にも大きな負担がかかります。健康を守れない住宅は後悔のもとなのです。

 鈴木環境建設では、独自開発したハイブリッド断熱「Bespoke Eko(ビスポーク・エコ)工法」を採用しています。最高性能の「EkoⅣ工法」はQ値(熱損失係数)0.7W/㎡K、C値(気密性能)0.3㎠/㎡以下という非常に高いレベルを実現しています。

 このような高断熱・高気密住宅は、わずかな冷暖房でも快適な室温を維持できます。冬、家中どこからも寒さを感じない暮らしがどれほど快適か、ぜひ想像してみてください。

2

窓
窓の性能で冷暖房費が変わる

 外気温が最も室内に伝わりやすく、冷気・暖気が最も逃げやすいのが、窓などの開口部。住宅の熱の約半分は、この開口部から外へ逃げていきます。すなわち、窓の性能が悪いとドンドン熱が逃げ、結果的に余計な光熱費がかかってしまうのです。

 窓の性能を高めることは住宅性能と直結するため、鈴木環境建設では高性能樹脂サッシを標準仕様とし、さらに高い性能を求めたい場合にはトリプルガラス入りの高性能樹脂サッシを採用しています。高性能な窓の導入は、室内に光と風を運ぶ役割だけではなく、より高効率な冷暖房を可能にします。

3玄関ドア

玄関ドア
玄関の結露はストレスの元

 窓と同様、断熱・気密性能が求められる玄関ドアには、高性能木製断熱ドアを採用しています。性能的に劣り結露する恐れがあるアルミのドアは使いません。木は熱を伝えにくい素材で、夏の暑さや冬の冷気を遮断し室内の熱を逃がしません。エネルギーロスを軽減するだけでなく、小さなキズなどはアルミよりも対応しやすく、定期的にメンテナンスすれば何十年と使えるからエコ。手入れして使い続ければ木の経年変化が味わいになります。人の出入りする住まいの顔だからこそ、デザインだけでなく性能にも注目して選びましょう。

4換気

換気
無計画な換気は、空気が淀む原因

 冷暖房エネルギーのロスを抑え、きれいな空気質にこだわって採用している「ダクト(配管)式の換気システム」で、24時間計画的な換気を行います。部屋ごとにダクトを設けて排気されない場所ができないようにしています。

 確実に空気を入れ換えるには高い気密性能を確保することが大前提。気密性能が低くて隙間だらけの家は、排気口近くにある空気が優先して排気されるため、遠くにある空気がいつまでも室内に留まってしまいます。換気システムの気密性能が揃ってこそ真に快適な住まいになるのです。

5冷房・暖房

目先の工事費にとらわれるのは禁物

 住宅性能が低い家は光熱費だけではなく、冷暖房機器の追加導入が必要になり、結局は設備費や工事費が発生してしまいます。しかし、高い断熱性能の住宅は初期費用はかかっても、暮らしながら光熱費での相殺が可能ですし、何と言っても暑い寒いを感じない健康的な暮らしほど幸せなことはありません。

 鈴木環境建設ではさらに効率的な冷暖房と理想的な換気を追求して、独自の冷暖房換気システムを開発しました。その仕組みは、第1種換気装置で交換した熱と新鮮な空気をダクトエアコンに導入して冷暖房と換気を一緒に行うというもの。外気温よりも室温に近い状態の空気でエアコンを運転するので、光熱費が抑えられます。

6採光・通風計画

採光・通風計画
夏の大敵は、直射日光

 強烈な陽射しがそそぐ夏でも、日陰や木陰に入ると涼しいもの。家の中も直射日光が入らないように工夫しないとどんどん室温があがり、冷房コストも不快感も上昇するばかり。夏季の日射を入れない工夫は必須です。

 鈴木環境建設では、四季の日射角を考慮し、夏は日射を遮り、冬は効率良く太陽光を室内に取りこむよう窓や庇を設置して日射をコントロールします。また、通風計画では風向きを読んで窓や換気口を配置します。その土地の気候や立地環境を踏まえた設計をすることが、冷暖房エネルギーの軽減に繋がります。

7設備

設備
創エネ&エネルギーの見える化

 お施主様の希望に応じて太陽光発電システムやHEMSを採用。断熱・気密施工や高効率冷暖房機器で省エネし、太陽光で創エネすることにより、エネルギー収支ゼロを目指します。また、家庭内のエネルギーを視覚化できるHEMSは節電意識を高めるのに効果的。2016年4月にスタートした電力小売り自由化によって、さらにHEMSが活躍するでしょう。

ZEHの取り組み

鈴木環境建設のネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)

 鈴木環境建設の家は、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(以下、ZEH)」の条件をクリアした、高性能住宅です。ZEHとして建てられた新築住宅には、定額70万円の補助金が受けられます。また、導入する蓄電システムに対して別枠で蓄電容量1kWhあたり3万円(上限:30万円または蓄電システムの価格の1/3のいずれか低い金額)が適用されます。(期間、棟数に制限があります。)詳細を知りたい方は鈴木環境建設までご連絡下さい。認定システムの概要は下記の通りです。

新築・既築 新築
地域区分 4地域
設備区分 暖房・冷房・照明
システム提案者 鈴木環境建設株式会社
連絡先 0225-24-9361

ZEH(ゼッチ)とは?

 ZEHとは、高断熱・高気密の住宅性能+高効率設備の設置でエネルギー消費量を減らす「省エネ」と太陽光発電などで住まいで消費したエネルギーと同等(もしくはそれ以上)のエネルギーを創り出す「創エネ」を組み合わせ、年間の消費エネルギーの収支を正味(ネット)で0(ゼロ)以下にする住宅のことです。

 住宅のエネルギー消費量の増加とそれによって生じるさまざまな環境問題は、住生活での省エネの推進を強く求めています。政府は、2020年までに標準的な新築住宅、2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指すという政策目標を設定しています。

ZEH(ゼッチ)の条件

1
消費するエネルギーと創り出すエネルギーの差し引きが0(ゼロ)
2
一定の断熱性能:省エネ法で定めた強化外皮基準のクリア
強化外皮基準は日本を8つの地域に区分して定められ、東北地方は3,4地域に属する。
3地域基準で、UA値0.5W/㎡K相当以下を満たす必要あり。
3
一次エネルギー消費量の削減
省エネ法で定められている基準一次エネルギー消費量に対し、住宅の再生可能エネルギーを除き20%以上削減。再生可能エネルギーを加えて100%以上削減。
4
再生可能エネルギーシステムの導入
太陽光発電など創エネができる再生可能エネルギー(容量不問)を導入すること。
5
エネルギー計測装置(HEMS)の設置
1台で住宅の全エネルギーを計測できるエネルギー計測装置を設置すること
計測は30分間隔で行い、1日単位のデータを13ヵ月以上蓄積可能なものが条件。

ZEH(ゼッチ)の普及目標

1 ZEHの周知・普及に向けた具体策
設計の段階から通風・採光等自然、エネルギーを考慮したプランを作成して、省エネルギー性、快適性、高性能の健康住宅の家づくりを実現しております。
また、自社ホームページ掲載、住宅雑誌への掲載や住宅完成内覧会でもお客さまへの周知・普及に努めてまいります。
2 ZEHのコストダウンに向けた具体策
高性能断熱材、高性能断熱サッシ、高効率住宅設備、高効率太陽光発電について、取引業者と共に協議を行い、施工の効率向上を図るとともに仕入れコストの削減に取り組みます。
3 その他の取り組みなど
講習会、セミナー等に積極的に参加し情報収集や知識、技術向上を提案します。

 鈴木環境建設は、ZEH(ネット・ゼロ・エ ネルギー・ハウス)支援事業のZEHビルダーに登録し、2016年から2020年までのZEH普及目標率を下記にように公表し今後ともZEH普及に向けて取り組んでまいります。

ZEH普及目標率

ZEH率 2016年(平成28年度目標) 2017年(平成29年度目標) 2018年(平成30年度目標) 2019年(平成31年度目標) 2020年(平成32年度目標)
10% 10% 20% 30% 50%

ZEH実績報告

2016年(平成28年度実績) 2017年(平成29年度実績) 2018年(平成30年度実績) 2019年(平成31年度実績) 2020年(平成32年度実績)
ZEH 0戸 0戸 0戸 0戸 0戸
注文 5戸 7戸 6戸 0戸 0戸

※鈴木環境建設はいち早くBELSへの取り組みを開始し、国土交通省が行う補助金事業「地域型住宅グリーン化事業」にて「BELS工務店」として登録されています。(2018年度BELS表示割合:20%)

※鈴木環境建設は、国が定めた性能基準以上の家を建てることで、快適で地球環境にやさしく、将来の資産価値の向上にもつながる「長期優良住宅」に取り組んでいます。

木造へのこだわり

建材としての木の性能

 木はグラスウール断熱材の半分程度の優れた断熱性能を持っています。鉄筋コンクリートの場合は気密性能は高くなりますが、断熱性能はか木の1/15程度。熱伝導率においても、木はコンクリートの1/15、鉄の1/483も熱を伝えにくい素材な上、資材そのものも暖かく結露を起こしにくいので、木は他の材料と比べても断熱性にも優れた最も住宅に適した材料といえます。

 木造住宅は火災に弱いというイメージがあり、不安要素となりがちです。しかし、木が燃えるにはかなりの時間を要します。火災のときに重要なのは、燃え方・燃える速度です。鉄やアルミは、3〜5分で瞬間的に溶けていくので構造が弱くなり倒壊してしまいます。それに比べ、少しずつ燃えていく木造住宅は、鉄骨の住宅よりも長時間つぶれず、消火活動が安全にできると評価されています。

木の特徴

・防虫性
 家を住み家にするダニの棲息数を調べてみると、住宅のカーペット床に比べて、木の床(フロア・フローリング)は1/3以下という結果が出ています。これは、木の床の調湿効果により湿度が低く保たれ、ダニの棲みにくい環境となっているためです。また、木の香りの成分である精油が及ぼすダニの行動・繁殖・抑制効果、ならびに木の床は掃除がしやすくゴミ・ほこりがカーペット床に比べてたまりにくいのも、ダニが少ない要因になっています。
・吸音性
 木の柾目板面、板目板面共に板振動による吸音を行います。吸音率については、低周波数域の吸音率に優れ(低周波数域の吸音が大切:床の振動音を抑える)中音音域の吸音率の高い建築材料と併せて活用することで、良質の室内音響効果も得る事ができます。昔から木材は楽器や劇場の内装に用いられ、その音響的性質の優れていることが認識されていました。
・人に優しい
 木は鉄やコンクリートなどのように表面が硬くなく、滑らかで柔軟性に富み、弾力性があり肌触りも非常に良いのが特徴です。この柔軟性が、日常生活の歩行による疲労を抑制します。比重もあまり大きくないので軽くて吸湿性があります。そして、木は有害な紫外線をほとんど吸収します。また、木材の表面の微細な凸凹が光を散乱させて、やわらかい反射光に変えて、目にも優しい特徴を持っています。

木の欠点

 木材の欠点として考えられる主なものとして、乾燥による割れ、狂いなどによる変形や水分過多による腐朽があげられます。まず、木と水とは切っても切れない関係にあります。木が腐るのは、木に含まれる水分が多すぎるためですし、木は含まれる水分によって伸び縮みすることがあります。また、水分が減っていくと木は縮み、割れが生じたり反ったりします。逆に乾いた木に水分が入っても、同じように伸びたり反ったりします。木は、水分を取り除くと、強度が5割〜6割も高くなります。これが木材乾燥が必要な大きな要因です。

鈴木環境建設では、「健康被害を起こさない材料の選択」と「土台に結露を発生させない施工」を大切に思い、住宅の長寿命化を目指しています。建材として優れている木の性質を理解し、正しい知識と工夫により木の欠点を克服した木造住宅をつくる。そして、その家でご家族が安心して健康に暮らせること、また、家と共に思い出をいっぱいつくり、末長く長く暮らしていただきたいと願います。